共和成産

About us

社長画像

ごあいさつ

共和成産の社名でもあり、社是でもある「共に和して産を成す」とは、社員一人一人が力を合わせて、価値を生み出すという意味です。創業以来、弊社は木製品の加工を主要な業務としてきました。現在の事業領域は、インテリアからアウトドアまで幅広く、住宅内装パネル・住宅機器・内外装建材・ファニチャー・エクステリア・ガーデニング商品などがあります。このような成長の原動力となったのは、全員参加の経営であり、お客様のご要望にきめ細やかに迅速に対応する「お客様中心主義」と高品質の商品とサービスを維持し、弊社の品質システムをより充実させる為の「環境整備」を事業経営の基本としているためです。それが時代の先を読んだ技術開発力および商品開発力となっています。また、ISO9001・14001に準拠した事業活動により、厳しい品質管理体制と環境保全体制で事業推進していると自負しています。これからも、当社は、居住空間の提案メーカーとして、独自の技術を背景に、暮らしを豊に彩る製品を皆様にお届けしていきます。


共和成産株式会社


代表取締役社長 鈴木 透



会社外観

会社案内

会社名 共和成産株式会社
所在地 静岡県藤枝市泉町20番地
TEL054-635-3331 FAX054-635-0788
設立月日 1956年4月2日(昭和31年)
資本金 50,000,000円
株主数 10名
役員 代表取締役社長 鈴木 透
事業内容
(イ)住宅用内装パネルの製造
(ロ)住宅機器製造と販売
(ハ)梱包資材の製造と請負作業
(二)エクステリア・ガーデニング商品の製造と販売
(ホ)インテリア・内外装建材の製造と販売
関連会社 有限会社キョウワクリエーティブ

アクセス

GoogleMapで見る

会社沿革

1956年
「共和ベニヤ株式会社」として、静岡市若松町に設立する。資本金150万円、従業員数8名。輸出茶用ベニヤチェストの生産と梱包作業の請負を業とする。(資本金を300万円に増資する。)
1958年
本社を静岡市北番町に移転。
1960年
山形県酒田市に共和商事株式会社を設立し、広葉樹を販売する。
1961年
資本金を450万円に増資する。(5割の無償増資)ブランクマシンを導入し、ワイヤバンドボックス(WWB)の生産を開始する。
1962年
ブランクマシン一号機を購入。静岡製機(株)にWWBを納入し、WWB事業が軌道に乗る。
南極観測隊の物資輸送の梱包材を納入する。
1963年
日通商事(株)と提携し、東芝の白黒テレビ・ナショナルの冷蔵庫・日立のカラーテレビの梱包材を主体に納入する。
1965年
ブランクマシン2号機を導入し、資本金を500万円に増資する。社名を『共和成産株式会社』に称号変更する。
1966年
ホンダ技研(株)がオートバイの輸出を開始するのに伴って、当社のWWBが一手納入に指名される。
1967年
資本金を1000万円に増資する。藤枝の現有地を買収して工場を建設し、本社を現在の藤枝市泉町に移転する。
1969年
資本金を1500万円に増資し、ブランクマシン3号機を導入する。
1970年
全盛を極めたオートバイの輸出がニクソンショックによって壊滅的な打撃を受け、事業転換に迫られる。
1971年
住宅産業に着目し、日本住宅パネル工業協同組合に加盟する。同時に、工場を増設してパネル製造の一貫設備を整え、パネル事業を開始する。資本金を2000万円に増資する。(パネル部門を新設)
1974年
代々木オリンピック跡地の団地建設と富士山頂測候所の建設にあたり、当社のパネル製品の優秀性を認められる。
1975年
住機部門を新設し、濡れ縁の生産を開始する。(住機部門を新設)
1976年
梱包工場を新設すると同時に、資本金を2600万円に増資する。
1981年
家具用の芯材や製材品の販売を開始する。
1983年
クサビ集成材<ウェッジボード>(特許取得)の生産ラインに膨大な資金を投入する。(集成材部門を新設)
1985年
フランスからキットエスパスを輸入して販売する。
1986年
集成材事業の撤退に伴い事業を縮小する。再建資金として、資本金を5000万円に増資する。(集成材部門を閉鎖)
1989年
集成材事業の累積欠損を解消する。
1991年
建材部門を新設して、デッキと庇を生産する。(建材部門を新設)
1993年
教育研究費と試験研究費に大幅な予算を計上し、将来の商品開発に備えた。
NCテノーナー・NCルーターを導入すると共に、工場レイアウトの全面変更をする。(特需部門を新設)
1993年
業務移管を目的に、(有)キョウワクリエーティブを設立する。
1995年
NCルーターマシンでブラインドパネルの生産を開始し、グッドリビングショーに初出品する。(インテリア部門を新設)
1996年
最新鋭NCマシンで壁面材ピールドボード、腰壁材サロンウォールシステムの開発及び生産を開始する。
ピールドボードが通産省のグッドデザイン商品(Gマーク)に選定される。
1997年
汎用フロアーのシステムウッドタイルを開発し、通産省のグッドデザイン商品(Gマーク)に選定され、更に中小企業庁長官特別賞を受賞する。ISO-9001認証取得(3月)。
1998年
システムウッドタイルが好調に推移し、自動16軸ビス止機を導入して生産拡大を図る。
永年の念願であった福利厚生棟を建設する。
2001年
ISO-14000認証取得(11月)。タレットパンチプレスを導入して、パンチングボードの生産を開始する。
2003年
フラッシュ建具の製造を内製化するため、経営革新法の認定を受けて、建具製造用のNCルーターマシンと縁貼り機を導入する。
2005年
創業50年を期に第二創業のスタートとして、外部指導機関を活用して長期ビジョン策定会議を発足する。
ウレタン加工の合理化を目的に、数値制御ウレタン加工機を導入する。
2006年
大型UVプリンターを設置して、木質系や窯業系の素材に直接印刷する技術を蓄積する。
グリーン購入法の施行に伴い、事業者認定を受ける。
2007年
静岡特殊合板高付加価値化研究会を組織、関東経済産業局の地域資源活用支援事業に採択。
2008年
「樹脂チップを用いたシステムウッドタイルの商品化に対する研究 開発」が中小企業研究開発助成事業に採択。
2009年
会社組織の変更に伴って定款を改定。
2010年
石膏ボードを基材とした安価な間仕切り壁パネルを開発、エコパーティションシステム(EPS)と称して特許申請。
液晶ガラスの大型梱包資材の受注を取り次ぐ。
2011年
東日本大震災の復旧事業として仮設住宅に(天井・断熱壁)パネルを納入。震災を機に緊急時の対応として、人命第一で事業継続するためにBCP(事業継続計画)を策定。
全国初となる取り組みで、緊急時は信用保証協会付で無担保と有担保を合わせて、指定金融機関から最大2億5千万円のBCP特別保証融資が受けられる。
2012年
集合住宅の内装パネルをフロアーや部屋毎に仕分けるシステムを確立、搬送台車にバキュームリフトを搭載させた装置にOAデータを 連動させたことで作業ミスの回避と省人化に成功。
また、共和グループとして太陽光発電システムを導入、約100KWの発電により売電を開始する。
2014年
構築物の耐震補強工事が一通り完了。ものづくり補助事業に採択により、パネルの製造設備としてランニングソーとプロジェクター、パネル割付CADソフトを導入。
オペレーティングリースに投資して利益を先送り、逓増定期保険の加入と運用する仕組みが完成。
2015年
決算期を2月末に変更。ものづくり補助金で有孔合板加工機を設置、有孔合板を低価格で提供する体制を整備。
海外との取引を視野に英語版のHPとカタログを作成。
2016年
集塵装置を全面的に入れ替え、産廃物の削減と環境保全に配慮。
2017年
モノ造り補助金事業の採択により、最新のうづくり加工機を設置。

PAGE TOP